先輩スタッフの声

げんき堂整骨院 伊勢崎鹿島町
須永 俊幸
国際メディカル専門学校卒 アップルスポーツカレッジ卒

これだけ様々な挑戦への選択肢が用意されている環境は他には無かった。
入社後、整骨院でさまざまな疾患を診ることができ、施術に対しての経験を積むことができました。
2年目にはリラクゼーションサロンの責任者としてホスピタリティマインドやリーダーシップを学び、鍼灸の技術指導員としてマネジメントを学ぶこともできました。
現在はパーソナルトレー二ングのコースを担当しており、キッズ~学生からプロのスポーツ選手まで、1人1人の身体に合わせたトレーニング(カウンセリング、メディカルチェック、トレーニング、生活アドバイス)をマンツーマン指導しています。
学べる環境が充実していることが魅力!なによりも仲間とのつながりが大きな学びになっています。
GENKIDOの魅力は学べる環境が充実していることだと思います。
知識や手技に対しての勉強会は勿論、開業に関してのセミナー、そしてなによりも全国に仲間がたくさんいることが、いろいろな成功体験を聞くことのできる大きな学びだと感じています。
またグループ内のリラクゼーションや介護の事業とのつながりができることも魅力です。
現在、高齢者の方への運動指導を行っているのですが、介護のスタッフから機能訓練について教えていただいた内容を指導に活かしています。
クライアントのトータルアドバイザーとして、施術だけでなく運動指導や食事指導など、生活面からサポートできる治療家になりたい。
クレドに『人を活かす、人に活かされる』という言葉があります。
相手の立場となって常に相手に何を与えられるかを考える。
結果として自分も得ることがあるという内容ですが、治療もまさにこれだと思います。
自分本位な治療では、感動は与えられないと思います。
相手が何を望んでいるのか相手の立場となって本気で考え、そのために自分は何が出来るのかを毎日意識して取り組む。
結果としてクライアントからのありがとうというお言葉をいただけること。
これが自分の治療家の理想像だと思いますし、そうなるためには、このクレドの言葉がベースになると思います。

応募する

上へ