代表メッセージ

代表メッセージ

代表メッセージ

日本は今や超高齢化社会。総務省によると日本の総人口に占める65歳以上の高齢者の割合は26.7%となり、国内における80歳以上の高齢者人口が1千万人を超え、日本の社会保障費増大は深刻な問題となっています。
私たちGENKIDOは「世の中の方々の心と身体を健康にする事業を推進し続けることで社会貢献し続ける」というポリシーの下、鍼灸整骨院・鍼灸整体リラクゼーションサロンを全国に展開。地域の方々の心と身体の健康促進をサポートすることで、社会保障費軽減を推進する事を使命とした会社です。社会に必要とされる企業であり続けるために、あるべき姿を常に模索しながら、今後も日本の「健康」を支え続けていきたいと考えております。
正しい知識・正しい技術、そして正しい努力を
整骨院業界は変革の時を迎えています。業界トレンドは保険診療に限らず、如何に自費診療を拡大していくか、ということに注目が集まり、これから勝ち残る整骨院にとって「高い技術で外傷処置(保険治療)ができる」そして「保険適用外となる症例に対しても自費メニューによる適切な治療が行える」この二つの要素が必要不可欠となっています。また昨今、整骨院による保険の不正請求が世間でも取り沙汰される中、そもそも不正と認識がないまま請求を行っている整骨院も実在するという噂も耳にします。
勝ち残る整骨院として、業界の更なる発展・活性化を担う業界のリーディングカンパニーとして、正しい知識・正しい技術・そして正しい努力をもってコンプライアンスを遵守し事業推進していくことが大切であると私たちは考えています。就職・転職活動をする皆様は、自分のやりたい事を正しい技術・知識の下で学んでいける企業を選んでください。
そして、GENKIDOにはそんな「整骨院の本質」を学べる環境が用意されています。
すべては「患者様・お客様のため」

治療に訪れる患者様は何を希望しているのでしょう?例えばバスケットボールの選手が足を捻挫し来院したとします。その患者様は単に捻挫を治して、と考えているのでしょうか?捻挫を早く治し、以前より更に優れたパフォーマンスを発揮して試合でシュートをたくさん決めたい、そう思っているはずです。
そこで整骨院がやるべき治療とはどんなものなのでしょう。

GENKIDOでは、選手の治療にあたる際、スタッフにこの様な指導をしています。

  • ・怪我をした選手と治療計画をたて、いつ、どの様な状態になるかをイメージする。
  • ・イメージができたら、それが計画通りに進んでいるか、そしてその治療が選手が望むものになっているかを自己評価し、より適切な治療への改善に努める。
  • ・単に治療ではなく、その選手のパフォーマンス向上と、その後の予防策まで提案する。
  • ・治療は患者様と二人三脚。患者様自らも治療にモチベーション高く取り組んでいただく。
  • ・その選手だけではなく、チーム・そして監督も含めてマネジメントしていく。

大切な事は「すべては患者様・お客様のため」
その為のあらゆる努力を一切の妥協なく推進する…整骨院の本質がここにあります。

そして、GENKIDOは患者様を限定する様な手技は一切使わず、一人一人の属性・症状・年齢などに合せたパーソナルな処置を行うことで、常に最善な治療をご提供する整骨院です。

“本物の整骨院・患者様のための整骨院運営を学びたい”という方に
是非チャレンジして頂きたい会社だと自負しています。

集合写真

応募する

上へ